キッツのあゆみ

70年の歴史を持つキッツ

キッツは、1951年に株式会社北澤製作所として創業して以来、バルブを中心とする流体制御機器の総合メーカーとして今日まで成長してまいりました。 創業者 北澤利男(1917〜1997年)の理念により、素材からの一貫生産を基本に、鋳造から加工・組立・検査・出荷など全ての工程を社内で行い、さらに、きめ細かい販売サービスやアフターフォローをお客様に提供する体制を築いてまいりました。こうした「より良い品質」へのこだわりが今日まで脈々と受け継がれ、私たちキッツグループの源流となっています。

70年の歴史を持つキッツ

株式会社キッツ
創業70周年記念ムービー

株式会社キッツ 創業70周年記念ムービー

1950’s

1951年 株式会社北澤製作所を設立。山梨県長坂町に長坂工場が完成し、青銅製バルブの製造・販売を開始。
1952年 長坂工場が青銅製バルブJIS表示許可工場となる。
1959年 株式会社東洋金属を設立、黄銅棒の生産を開始。

1960’s

1960年 欧米の自動加工機や造型機を導入し、最新鋭機を配備した高性能自動生産体制を確立。
1962年 社名を株式会社北澤バルブに変更。
黄銅熱間鍛造プレスを国内で初めて導入。黄銅製鍛造バルブの製造・販売を開始。
1965年 「KITZ」を商標登録。
1967年 ダクタイル鋳鉄製バルブ、ステンレス鋼製バルブの製造・販売を開始。
1968年 鋳鉄製バタフライバルブの製造・販売を開始。
1969年 鋳鉄製バルブの製造・販売を開始。

1970’s

1970年 長坂工場にステンレス鋼製バルブの鋳造工場及び工作工場が完成、操業を開始。
1973年 伊那工場が完成、操業を開始。
1974年 鋳鋼製バルブの製造・販売を開始。
1975年 社名を株式会社北沢バルブに変更。
1978年 東京証券取引所市場第二部に上場。

1980’s

1980年 青銅製バルブに「菊ハンドル」を採用。
1984年 東京証券取引所市場第一部に上場。
米・ヒューストンに販売拠点としてKITZ Corporation of Americaを設立。
1985年 台湾・高雄に生産拠点として台湾北澤股份有限公司を設立。
1988年 タイ・サムットプラカーンに生産拠点としてKITZ(Thailand)Ltd. を設立。
1989年 長坂工場と伊那工場が国内企業で最初にISO9001の認証を取得。

1990’s

1991年 株式会社東洋金属を合併。
スペインのボールバルブメーカーISO社(現KITZ Corporation of Europe, S.A. )を買収。
1992年 社名を株式会社キッツに変更するとともに、千葉・幕張新都心に本社屋を竣工・移転。
1994年 株式会社キッツエンジニアリングサービスを設立。
1995年 茅野工場が国内黄銅棒メーカーで最初にISO9002の認証を取得。
株式会社清水合金製作所がキッツグループに入り、水道分野へ本格的に参入。
1998年 長坂工場がISO14001の認証を取得。
1999年 環境配慮型鉛レス快削性黄銅合金・青銅合金「KEEPALLOY(キーパロイ)」を発表。

2000’s

2000年 伊那工場がISO14001の認証を取得。
2001年 創立50周年を迎え、「新・キッツ宣言」「行動指針」を策定。
旧ベンカングループから半導体製造設備関連事業を譲り受け、
新会社株式会社キッツエスシーティーをスタート。
2002年 中国・昆山に生産拠点として北澤精密機械(昆山)有限公司を設立。
2003年 中国・上海に販売拠点として上海開滋国際貿易有限公司を設立。
中国・昆山に生産拠点として北澤閥門(昆山)有限公司を設立。
2004年 旧東洋バルヴ株式会社からバルブ事業を譲り受け、新会社東洋バルヴ株式会社としてスタート。
株式会社キッツの伸銅品事業とMF事業を分社し、株式会社キッツメタルワークス及び株式会社キッツマイクロフィルターとしてスタート。
2007年 中国・連雲港に生産拠点として連雲港北澤精密閥門有限公司を設立。
2009年 ドイツのボールバルブメーカーPerrin GmbHがキッツグループに入る。

2010’s

2010年 キッツグループ長期経営計画「KITZ Global Vision 2020」を策定。
2011年 シンガポールに販売拠点としてKITZ Corporation of Asia Pacific Pte. Ltd.を設立。
2012年 東洋バルヴ株式会社の生産部門をキッツに移管し、東洋バルヴ株式会社は販売会社としてスタート。
2013年 欧州地域の統括会社としてKITZ Europe GmbHをスタート。
シンガポールの総代理店Mikuni Engineering (Singapore) Pte. Ltd.を買収、新会社KITZ Valve & Actuation Singapore Pte. Ltd.に社名変更。
2015年 インドの工業用バルブメーカーMicro Pneumatics Pvt. Ltd. がキッツグループに入る。
タイに販売拠点としてKITZ Valve & Actuation (Thailand) Co., Ltd.を設立。
北東技研工業株式会社がキッツグループに入る。
ブラジルの工業用ボールバルブメーカーMetalúrgica Golden Art’s Ltda.がキッツグループに入る。
2016年 東亜バルブエンジニアリング株式会社と資本業務提携。
韓国に販売拠点としてKITZ Corporation of Koreaを設立。
韓国のPSF膜メーカーFilcore Co., Ltd.がキッツグループに入る。
2017年 香港に販売拠点としてKITZ Hong Kong Company Limitedを設立。
マレーシアに販売拠点としてKITZ Valve & Actuation (Malaysia) Sdn. Bhd. を設立。
2018年 韓国の工業用バタフライバルブメーカーCephas Pipelines Corp. がキッツグループに入る。
ベトナムに販売拠点としてKITZ Valve & Actuation Vietnam Co., Ltd.を設立。
2019年 Unimech Group Berhadの株式取得と業務提携契約を締結。

2020’s

2020年 パッケージユニット型水素ステーション事業への参入を発表。
決算期の3月から12月への変更が株主総会で承認される。
2021年 河野 誠取締役常務執行役員が代表取締役社長に就任。
2022年 キッツ宣言を改定。
長期経営ビジョン『Beyond New Heights 2030「流れ」を変える』及び第1期中期経営計画2024(2022〜2024年度)を策定。

※このページの内容は当時のものです。会社名や商品名等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

製品・お取引のお問い合わせ

製品技術、製品購入、カタログ、品質に関する
お問い合わせはこちらから

会社情報のお問い合わせ

会社情報、投資・総会・IR情報、プライバシーポリシー、
その他のお問い合わせはこちらから

RECRUIT採用情報

一緒に働ける仲間を
募集しています。

キッツ所属 須﨑 優衣選手応援サイトはこちら